ボトックス小顔を目指す【一石二鳥となる方法】

顔を触る人

小顔になりたいと思ったら

ボトックス小顔は効果が一生続くわけではないため気軽にチャレンジできるところが良いところですが、効果が出る人と出ない人がいます。また施術を受けた後は注入部位を強く触らないようにしたり温めすぎたりしないような注意が必要です。

注射

一時的に小顔になれる方法

ボトックス小顔はメスを使わずに行えるプチ整形のひとつです。そのため、メスを使って行う他の小顔形成術よりも時間も費用も節約できます。同じボトックス小顔を行う時に価格差があるのは使っている薬剤が違うためだという可能性があります。

気軽に試せる

カウンセリング

まずは相談

テレビをつければ、女性だけでなく男性のタレントさんも小顔のイケメンが大勢活躍している世の中で、小顔願望を持つ人は多いのではないでしょうか。痩せると脂肪が取れて顔も小さくすることが出来るというのであれば自分の努力で何とでもなりますが、実際にはそのほかの理由によるところが多いのが悩ましい点と言えます。顔を大きく見せてしまう原因の一つに「えらの張り」があり、左右のえらがほかの人よりも大きく張り出していることによって顔が四角く見えたり、角ばったホームベース上に見えたりします。これは脂肪の付き方とは関係ないため、ガリガリに痩せている人であっても自分ではどうすることも出来ません。このような「えらの張り」に悩んでいる人たちの間で、ボトックス小顔は人気の対処方法であり、手軽に試すことが出来るという簡単さからも注目されています。ボトックス小顔とは、えらの部分の筋肉にボトックス注射を打つことで筋肉を麻痺させて徐々に筋肉自体のサイズダウンを期待できる美容方法です。ボトックスというとしわ取りや多汗症の治療に用いられているというイメージが強いかもしれませんが、その作用はボトックス小顔も全く同じです。この方法はえらの骨を削る美容整形手術とは異なり、その効果は数か月しか続きませんが、その分施術時間も数分程度と短く価格も安価で試すことが出来ます。そのため、まずはお試しという軽い気持ちでトライすることが出来ますので、初めての人にとってはハードルが低いと言えます。繰り返し施術を受けることで効果が切れた後の筋肉のボリュームは小さくなると言われているのも魅力です。えら張りの矯正をするためにボトックス小顔を試す人は多く、その作用も注射をしてから少しずつ選ぶ分の筋肉が小さくなっていくため、周囲の人から整形とわかりにくいのも魅力です。ボトックス小顔で効果が出やすいのは、選ぶ分の筋肉の発達が多い人で、骨自体の張りが原因のタイプの人は骨を削る施術の方が適していると言えるでしょう。ボトックスはボツリヌス菌の持つ筋肉を弛緩させる作用のある神経毒素を利用したもので、それをえらの筋肉に注射をすることによって徐々に筋肉が小さくなって顔自体がサイズダウンするというものです。その効果は数か月しか持続しませんが、定期的に繰り返し使う事で、効果が切れた状態でも施術前よりは半永久的に小顔でいられるというのもメリットです。ボトックス小顔の施術を受けるもう一つも効果として、筋肉を弛緩させるという作用であるため、顎関節症や歯ぎしりの改善が期待できるというメリットもあります。そもそも、眠っている間の激しい歯ぎしりによってえらの筋肉が過剰に発達してえらが張っているような状況の場合には一石二鳥となる方法です。歯ぎしりはひどい場合には歯を失う原因にもなるものであるため、対策をしておいて無駄なものではありません。ボトックス小顔の施術自体はえらの部分に数本の注射を打つだけですのでとても簡単で、費用も数万円程度ですることが出来ます。施術自体は簡単ですが、副作用などのリスクを避けるためにも、口コミなどを参考にして信頼できるクリニックを選んでせる津を受けることが大切です。

病院

効果のあるボトックス治療

顔を小さくできるボトックスの方法は信頼できる、美容外科クリニックを使えば問題なく受けられます。ボトックス小顔の良い所は注射で行うので負担が軽く、利用すれば長期間効果が持続するのでメリットが大きい点です。