1919チャットで失敗した体験談

ツーショットダイヤルのテレフォンセックスは初対面の人とのやり取りとなります。

初対面の人とのやり取りですので、失敗する事もあります。この記事では1919チャットで失敗した体験談で見てみましょう。

初対面の人とは難しい

僕は昔彼女とは遠距離恋愛をしていたので、テレフォンセックスをしたことはありました。

結婚してからはそんなことは一切していなかったのですが、子供が生まれて最近妻が構ってくれなくなったので、それを機に前に楽しんでいたことを思い出して、1919チャットをやってみることにしました。

イクイク

ツーショットダイヤルでするのは初めてで、初対面の人とするという経験もこれまでになかったので、うまくいくのかどうか、どんな感じになるのか心配していました。

結果は一人目電話がつながって自分が初めてだと伝えると電話を切られてしまいました。

そんなものなのかなと思って、次は初心者である事は内緒にしておくことにしました。そしたらしてくれるかもしれないと思ったのです。

でも、初心者であることを黙っていたとしても同じでした。きっと自分にコミュニケーション能力がなかったのかもしれません。相手はリードして欲しかったんだろうと思いますが自分がそこまで余裕がなくて、自分のことで手一杯だったんですよね。

リード

そのこともあってか、上手にリードしてあげることもできなかったのです。

その結果、何もできないまま終わってしまいました。それからは相手のことを考えてやれるようになったので、最初のような失敗はありません。

相手のことがわからないので

わからない

相手のことが初対面だからわからない、だからどうしてあげればいいのかわからない、それが失敗した原因だと思います。

相手のことをもっとわかってあげていればよかったのですが、どうしたら相手のことがわかるようになるのかさえもわからなかったんです。

それによってなんとなくではあるのですが、相手についての話もよくわからないまま終わってしまって。

相手のことがわからないのであれば相手に直接聞けばよかったと今は思いますが、その時は頭の中が自分でいっぱいだったのかもしれません。

もっと相手のことを気遣ったプレイができたら良かったんですけどね。やっぱり場数を踏まないとテレフォンセックスも思うようには行かなくなるのかなと思います。

このように1919チャットで失敗をしている人ももちろんいるようですので、最初からうまくいくとは思わずにリラックスしていきましょう。