ボトックス小顔を目指す【一石二鳥となる方法】

  1. ホーム
  2. 小顔になりたいと思ったら

小顔になりたいと思ったら

顔を触る人

施術後の注意

筋肉の働きを抑制するボツリヌス菌の成分のひとつであるタンパク質に似せた物質を作り出し、それをエラの部分に注入することで顔の大きさを小さくする施術がボトックス小顔です。この施術の効果がある人はエラの部分の筋肉が大きく発達している人で、骨格とは関係がありません。小顔に見せる方法は色々ありますが、この方法は施術を行っただけでは変化は見られませんが、徐々に小顔効果が出て来る方法です。そして薬剤の効果が半年ほどで切れてくると顔の大きさも元の状態に戻る仕組みになっています。薬剤がエラの筋肉に浸透していくと、筋肉が麻痺をして動かなくなります。通常は体のどこかを動かそうとすると、脳から指令が出て、それが筋肉に伝わって体を動かします。ボトックス小顔の施術を受けた部位は脳からの指令がきても筋肉に伝わる途中で遮断されるために筋肉が動かなくなります。この状態が長く続くと体にとって必要のない筋肉だと判断されて徐々に筋肉がやせ細っていきます。その結果筋肉で大きく見えていた顔が小さく見えるようになります。施術は注射をするだけなので、小顔にしたいけれど手術を受けることには抵抗があるという場合や、小顔になったらどのような顔になるのか見てみたいという場合にボトックス小顔が向いています。ボトックス小顔は人によっては効果がわずかしかない場合もあるので、大きく顔を変えたいという人の場合には向いていないでしょう。またボトックス小顔は一度の施術が永遠に続くわけではないので、一度で施術を終わらせたいという人は他の方法を考える必要があります。ボトックス小顔の施術は医師が手作業でエラの部分に注射をしていきます。この時には顔の中の筋肉の状態を考えて、最も効果的になるように計算しながら施術を行います。そのため、医師の采配により効果の出方には差が出てきてしまう可能性があり、微調整の難しさのある施術になります。さらに、薬剤を注入してすぐに仕上がりがわかるわけではないので、完成形はどのようになるのかを想像しながら微調整をしていきます。そこまで計算をして注入をしても施術後に、注入部位を強く押さえたりしてしまうと薬剤が計算した部位からずれてしまうことがあります。そうなると元の予定の部位からずれた場所で効果が出てしまい、完成形が変わってしまいます。強くこすること以外に顔のマッサージも同じような危険がありますし、体が温まるような動作も予定とは違った位置に薬剤を移動させてしまいます。体が温まると筋肉がゆるみ、血流が良くなります。体が温まるようなものは入浴や激しい運動などがあげられます。これらのことは絶対に行ってはいけないものではありませんが、できれば避けておいたほうが施術の効果をしっかりと感じられるようになります。体が温まり薬剤が予定よりも広範囲に広がってしまうと、麻痺をさせたくない部位まで動きにくくなってしまう可能性もあります。ボトックス小顔の後2〜3日は入浴は止めてシャワーだけにしておくことや、激しい運動は避けること、注入部位を強く触らないことが注意点です。施術後はすぐにメイクができますが、注入部位は優しく扱うように気をつけましょう。